伊原吉之助教授の読書室

> コラム

伊原吉之助教授の読書室

 伊原教授のお勧め本紹介。書評以外の文章もここへ掲載するつもりです。


著者:伊原吉之助プロフィールを見る
掲載日タイトル
2017年9月16日「伊原塾」 10月のお知らせ
2017年9月2日我國の次なる戰ひは?
2017年8月22日「伊原塾」 9月のお知らせ
2017年8月22日死後の世界は……?
2017年8月22日現代史教員養成法
2017年8月8日トランプ當選の要諦
2017年8月7日新井白石と痩我慢
2017年8月4日昨年の活動報告 と 今年の伊原塾豫定
2016年11月8日我國を支へた武士魂
2016年10月6日ロシヤに賢人は居ないのか?
2016年10月6日便利快適と人の幼稚化・盲目化
2016年10月6日英語の綴り字改革運動
2016年10月6日現代假名遣の出鱈目さ
2016年10月6日日 本 語 は 高 級 言 語
2016年10月6日恩を仇で返す人と民族
2016年7月17日トランプ現象と大衆の叛逆
2016年7月12日臺 灣 の 選 擧 結 果
2016年7月5日大東亞戰爭 と 國策
2016年6月27日大東亞戰爭:米國の對日經濟戰
2016年6月26日天 才 と 凡 人 の 差
2016年4月9日戰後70年歴史戰爭に勝つ
2015年3月13日國 語 の 淺 薄 化
2016年3月5日新年おめでたうございます
2015年3月5日往きて還らぬ昔
2016年2月27日二二六事件と昭和天皇
2016年2月25日毛澤東獨裁とスターリン獨裁
2016年1月29日ケ小平と毛澤東の器量の差
2015年10月4日戰後體制からの脱却
2015年10月4日現代史講座「伊原塾」開講中
2015年4月22日中共政權の本性を知らぬ紅二代
2015年2月22日主權を護る國にならうではないか!
2015年2月21日日本の正統に戻らう
2015年1月28日昭和十年代の統制經濟
2014年12月29日新年おめでたうございます
2014年12月29日香港デモ、習政權に難題
2014年12月18日『操られたルーズベルト』
2014年12月18日宮崎正弘『台灣烈烈』
2014年10月16日自ら墓穴を掘る習政權の汚職摘發
2014年10月16日清末に似る中共習近平政權
2014年8月31日佐藤優『小説日米戰爭』
2014年8月31日若者を未熟にした核家族の弊害
2014年8月3日リンカーン ノ  ゲティズバーグ演説 について
2014年6月21日百田尚樹『永遠の0』
2014年5月8日志ある若者よ、「疊生活」に戻らう
2014年5月8日台灣のひまはり學運
2014年4月25日知性とは
2014年4月25日日本を取捲く獨善國三つ
2014年4月12日家族の再建が急務
2014年3月10日今なほ續く聖戰
2014年3月10日日本文明の出番
2014年1月9日新年おめでたうございます
2013年11月8日日米百年戰爭の行く末
2013年9月4日日本に對する國際偏見の壁
2013年9月4日高級言語と低級言語
2013年8月15日日本の前途を塞ぐ國際偏見の壁
2013年8月15日晩年の塩尻公明先生
2013年7月31日「河合榮治郎と鹽尻公明」
2013年7月29日長い附合ひ
2013年6月28日米FDR政權の目標は日中の共産化だつた
2013年6月8日反日で政權維持を圖る習近平
2013年6月1日「中國は經濟大國」の化けの皮
2013年5月12日日本の再出發
2013年4月25日歴史隨想と傳記隨想
2013年4月25日日本は米露中の良き友となれ
2013年4月25日民主制の缺陷:内向きと刹那性
2013年3月28日習近平南巡的政治意義
2013年3月15日コ富蘇峰の教訓
2013年1月24日プーチンが歴史に名を殘す道
2012年12月31日新年おめでたうございます
2012年11月17日祖父母の效用
2012年10月25日現代文明のひ弱さ
2012年9月12日紹介:青木 富貴子『昭和天皇とワシントンを結んだ男──「パケナム日記」が語る日本占領──』
2012年9月12日魂を癒す歌
2012年9月9日塩尻公明追悼文二つ
2012年9月5日紹介:中谷 彪『塩尻公明 求道者・學者の生涯と思想』
2012年9月3日紹介:『教養主義者  河合榮治郎』
2012年9月3日無心の境地
2012年8月28日戰後日本人を幼稚化したもの
2012年8月11日「遠慮は無用、中華民國を廢止しては如何!」
2012年8月10日個人主義の陷穽
2012年8月8日『戰後史の正體 1945-2012』
2012年8月2日佐々木監督は姑息の策を弄した
2012年7月29日日本人の感性劣化
2012年7月26日中國近代化の難題:帝國と國民國家の交錯
2012年7月23日台灣に外省人なし、外國人あるのみ
2012年6月4日昭和の間違ひが再現?
2012年5月14日戰爭なほ續く日本
2012年4月14日指導者は何故小粒化したか
2012年4月2日福島原發と黄砂
2012年3月2日政治家と歴史
2012年2月7日バーガート の會見要求拒否始末
2012年1月29日日米で守る台灣
2012年1月25日台灣の民意は“現状維持”
2012年1月23日改革ニヒリズムとの鬪爭
2012年1月22日台灣總統選と子豚の貯金箱
2011年12月16日新年おめでたうございます
2011年11月24日江澤民を巡る權力鬪爭
2011年10月12日辛亥革命百年
2011年10月12日河合榮治郎の理想主義 ( 附:墓參記 )
2011年9月14日帝國海軍の罪と戰後の無責任横行
2011年8月11日昭和十年代の日米共榮の道
2011年8月25日中國人とは中華人民共和國の國民のことである
2011年8月11日大東亞戰爭と支那事變
2011年7月28日日米戰爭敗戰の經緯
2011年7月20日お見事、撫子日本!
2011年7月20日日本を亡ぼす戰後世代
2011年7月18日昭和男の嘆き
2011年7月16日長島隆二 『 政界秘話 』
2011年7月14日ゾルゲとゾルザ ( 續 )
2011年7月14日ゾルゲとゾルザ
2011年7月11日ライフワークと趣味と
2011年7月10日指揮者と參謀
2011年7月9日愛憎を超えた鎮魂のために
2011年7月1日ニヒリズムと觀念論の慘禍
2011年6月18日シンガポール の軍事力と、それへの コメント
2011年6月10日江青の謎 二つ
2011年5月7日その後の馬英九政權
2011年5月4日NHK BSプレミアム に出演します
2011年5月3日關東大震災の轍を踏むな
2011年4月12日中國が發した危險信號
2011年4月9日天下大亂の兆し
2011年4月6日歩け、歩け
2011年3月12日劉華清の遺言
2011年2月15日陳肇敏與黒暗軍方
2011年2月14日和魂の活性化
2011年2月7日民族壓迫體制
2011年1月31日諸君の志を問ふ
2011年1月31日蔓延する經綸皆無の政治家
2011年1月1日新年おめでたうございます
2011年1月1日蔣經國の掌中で踊る民進黨
2010年12月4日外交の鐵則
2010年11月14日ポスト・モダンに向ふ世界と日本
2010年10月4日昭和天皇と二二六事件
2010年9月26日 「 反日 」 蔓延る不思議の國日本
2010年9月26日菅直人の日韓併合首相談話の僞善
2010年9月23日陳儀深 「 蔣介石爲什麼生氣 」
2010年9月22日尖閣諸島・竹島の 「 日本領 」 地圖を買漁り 證據湮滅を圖るシナ人・朝鮮人
2010年9月21日袁紅冰が新著を出しました。
2010年9月20日M.K.シャルマ ( 山田 和 譯 ) 『 喪失の國、日本 』
2010年9月16日甘露寺受長 『 天皇さま 』
2010年9月6日連根藤 「 中華民國不是國 」
2010年8月16日曹 長青 「 中美交手對台灣的三點啓示 」
2010年8月9日台獨教授與中國學生對話
2010年8月2日與那國島の防空識別圏變更
2010年7月25日徹底解明! ここまで違ふ日本と中國
2010年7月16日張旭成 「 美中爲台灣打不一樣的戰爭? 」
2010年7月1日明治維新と政治の成熟
2010年6月8日李筱峰 「 流亡政權與台灣地位 」
2010年6月8日李筱峰 「 台灣獨立建國的五個障礙 」
2010年5月31日台灣を救った根本博中將
2010年5月8日李筱峰 「 台灣獨立建國的五個障礙 」
2010年4月18日郭華倫先生を悼む ( 再録 )
2010年4月17日 『 從左到右六十年:曽永賢先生訪談録 』
2010年4月1日二〇一二年:中共の台灣併呑計劃
2010年4月1日台灣の運命握る米國
2010年4月1日中共の台灣併呑構想
2010年3月19日帝國陸軍を變質させた二二六事件 ( 續 )
2010年3月15日帝國陸軍を變質させた二二六事件
2010年2月9日今回、六甲男声のホームページにエッセイを書きました。
御覧になりたい方は下記をクリックしてください。
六甲男声合唱団
2010年2月6日馬英九國民黨政權の退潮
2010年2月6日危機を自ら招き寄せた日台兩國
2010年1月27日指明台灣前途的兩個文獻
2010年1月16日“明治の間違ひ”の是正
2010年1月16日明治維新を導いた大思想家
2009年12月14日新年おめでたうございます
2009年11月5日朝貢國化進む台灣
2009年10月29日從馬英九這個人 談馬系班與新系班的政治賽局
2009年10月17日大東亞戰爭の複雜さ
2009年10月15日中國の國慶大閲兵の假想敵は誰か
2009年10月9日中國の屬國化進む台灣
2009年9月21日SAKAI Toru 「 台韓は平和的政權交代に失敗 」
2009年9月21日陳水扁前總統に對する政治裁判
2009年9月12日いかがわしい本を見抜く見識
2009年9月6日文明と野蠻の死闘
2009年8月31日紹介:松本重夫 『 自衛隊 「 影の部隊 」 情報戰秘録 』
2009年8月29日紹介:阿尾博政 『 自衛隊秘密諜報機關 』
2009年8月23日紹介:中西輝政 『 日本の 「 實力 」 』
2009年8月8日英靈の傳言-極樂を實現した戰後日本
2009年7月27日辻 政信 『 ノモンハン 』
2009年7月20日曹長青 「 不要第二次受騙 」
2009年7月20日頼怡忠 「 美日聯手 『 防 』 台? 」
2009年7月16日紹介:齋藤充功の 「 昭和史發掘 」 二冊
2009年7月13日先に載せた曹長青の評論と同じ投書欄に、下記の論評が載つてゐました。
2009年7月11日台灣の新聞記事を譯していて、面白かつたのでここに掲載します
2009年7月2日二つの寓話-弱者はつけあがる
2009年6月30日台灣は世界安定の要衝である
2009年6月1日國語習得の心得
2009年5月14日中國の崩壞が始まった!
2009年5月5日曹長青 「 高級外省野蠻人 」
2009年5月5日馬英九總統の性格は 「 秘書 」   小心者で、指導者の風格なし
2009年5月4日賢くなる方法
2009年4月26日大東亞戰爭の再檢討
2009年4月14日お知らせ
2009年4月13日日本國民よ、賢くあれ
2009年3月7日日本殲滅を唱へる隣國
2009年3月7日日本生存のための自助努力
2009年2月19日馬英九政權七ヶ月 世代交代と前途不安の台灣
2009年2月16日曹長青:台灣は、中華民國及び中國國民黨から 「 獨立 」 せよ
2009年2月9日根幹は國防と教育
2009年2月7日遲浩田 「 戰爭が正に我々に向ってやって來る 」
2009年2月5日紹介: 「 山本五十六の實像? 」
2009年1月2日馬英九政權の台灣
2008年12月27日日本國民の變質解體
2008年12月22日新年おめでたうございます
2008年12月22日 「 日本の再生 」 こそ世界を救ふ
2008年12月22日問題提起二つ
2008年12月1日 『 昭和天皇 』 第二部
2008年11月22日私のライフワーク予告
2008年11月22日近況報告
2008年10月25日紹介:青木直人 『 北京五輪後に何かが起こる 』
2008年10月25日紹介:A.H.スミス 『 支那的性格 』
2008年10月4日 『 昭和天皇 』 二冊
2008年9月11日昭和天皇と廣田弘毅
2008年9月4日台灣の將來予想と日台關係
2008年9月1日二二六事件:青年將校の意識と心理
2008年8月28日紹介:佐藤 靖 『 NASAを築いた人と技術 』
2008年8月18日馬英九政権の一ヶ月
2008年8月8日日本語の読書き
2008年8月1日日本の前途を考える二冊
2008年7月27日紹 介: 『 市民トム・ペイン: 「 コモンセンス 」 を遺した男の数奇な生涯 』
2008年6月30日木戸幸一の保身
2008年6月30日台湾の混迷──西太平洋 波高し
2008年6月22日紹介:工藤美代子 『 母宮貞明皇后とその時代 』
2008年6月19日紹介:北実三郎 『 永遠の自由人:生きているきだみのる 』
2008年6月19日紹介:宮崎正弘 『 北京五輪後、中国はどうなる? 』
2008年6月7日ウェストサイド物語の魅力
2008年6月2日國体の危機
2008年5月18日黒崎貞明 『 恋闕:最期の二・二六事件 』
2008年5月17日阿南惟幾の二二六事件批判
2008年5月15日齋藤 瀏と二二六事件
2008年5月5日二二六事件の処理と天皇
2008年5月1日台湾本土派の挫折
2008年4月21日酒井亨 『 台湾ってどんな "国"? 』
2008年4月3日六甲の坂道の恩恵
2008年3月30日台湾の "現状維持"
2008年3月6日中国外交部の要求 「 台湾人の出生地を 『 中国 』 にせよ 」
2008年3月4日洞察力を磨こう!
2008年2月22日可能性と蓋然性の混同
2008年2月15日読書紹介:片岡覺太郎 『 日本海軍地中海遠征記 』
2008年2月7日読書紹介:C.W.ニコル 『 マザー・ツリー:母なる樹の物語 』
2008年2月7日読書紹介:ヨーロッパの中世に関する三冊の本
2008年2月7日読書紹介:渋谷 司 『 戦略を持たない日本 』
2008年2月2日台湾企業家の統一論議
2008年1月31日読書紹介:レオニード・シンカリョフ 『 第二シベリア鉄道 』
2008年1月29日台湾に鳴り響いた 「 神の声 」
2008年1月25日読書紹介:日下公人 『 あと3年で、世界は江戸になる! 』
2008年1月24日読書紹介:藤代 護 『 海軍下駄ばき空戦記 』
2008年1月21日読書紹介:百々 和 『 自分史回想 』
2008年1月17日台湾立法委員選挙視察記
2008年1月6日文明史上の台灣と日本
2007年12月29日中国に清末状況が再現?
2007年12月18日新年おめでとうございます
2007年12月15日東アジア史の分水嶺────日清戦争
2007年12月4日中国が専制を繰返す理由
2007年11月27日台湾総統選:決戦か、混迷か
2007年11月2日劣化した日本人
2007年10月30日文明論から見た日本の台湾統治 ( 再訂正版 )
2007年10月30日黄文雄 『 近代中国は日本がつくった 』
2007年10月15日米台の 「 国連加盟国民投票 」
2007年10月11日日中国交正常化35周年
2007年10月5日中国の問題点を警告する二冊
2007年10月4日関 静雄 『 ロンドン海軍条約成立史
──昭和動乱の序曲── 』
2007年10月1日国家意志の再構築へ
2007年9月24日インテリジェンス対話二冊
2007年9月1日国際謀略に即応せよ
2007年8月23日読書紹介 スペイン戦争
2007年8月23日読書紹介 田中英道 『 国民の芸術 』
2007年8月23日書評 本田 優 『 日本に国家戦略はあるのか 』
2007年8月14日世界の三極構造
2007年8月10日武士道について
2007年8月2日先駆者の孤独
2007年7月22日 「 正論 」 私たちに敵と戦う用意があるか
/美と崇高への献身を取り戻せ
2007年7月13日陳文賢 「 台湾の国連加盟は米国の目標でもある 」
2007年7月5日台湾の 「 戒厳令 」 はまだ続いている!
2007年7月5日謝長廷インタヴュー
2007年7月5日馬英九が選挙用に新著を出版
2007年7月3日謝長廷への誤解
2007年6月21日 「 愚妻 」 は 「 愚かな妻 」 か?
2007年6月19日書評 渡部昇一
『 日本史から見た日本人 古代編・鎌倉編 』
2007年6月19日中国史の時代区分
2007年6月17日書評 高橋裕史
『 イエズス会の世界戦略 』
2007年6月15日書評 安濃豊
『 戦勝国は日本だった:米陸軍寒地研究所にて 』
2007年6月15日中華文明史入門
2007年6月4日周恩来秘録 ( 上下 )
2007年6月2日義和団事件と文革の嵐
2007年5月29日日台中の平和共存 文明史の観点から
2007年5月2日台湾:政界再編の波
── 『 壹週刊 』 李登輝発言の真意──
2007年4月8日昭和天皇と大日本帝国の崩壊
2007年3月26日動物文明から植物文明へ転換しよう/
「 力と闘争 」 より 「 美と慈悲 」 を優位に
2007年3月3日脱皮を迫られる台湾政治
2007年3月1日大正天皇と大正時代の空白
2007年2月23日裏切られた台湾
2007年2月12日明治天皇の御親政
2007年2月10日 『 壹週刊 』 李登輝談話邦訳
2007年2月4日年頭所感 『 戦後体制の是正が急務 』
2007年2月4日 「 日米衝突への道 」 4・衝突不可避へ7つの契機 ( 増訂版 )
2007年2月1日開 題