大東亞戰爭の再檢討

更新内容

> 例会の歩み > 149回例会


日亜協会 第149回例会 ご案内


  国運を賭して戦った大戦争に至る歴史的過程と結果を文明史的視点に立って検討し、

  未だに不明の部分があることを明らかにして、日本近代史の常識を問い直す!


日時:平成21年4月10日(金)18:20〜20:30(18時開場) 

会場:大阪市立総合学習センター(大阪駅前第2ビル 5階第5研修室

  電話06−6345−5000   FAX 06-6345-5019

会費:千円(非会員二千円) 二次会(侃々諤々(かんかんがくがく)の交流会)は二階北西隅「北大(ほくだい)会館」


  講師:伊原吉之助 帝塚山大学名誉教授 日亜協会理事

  演題:大東亞戰爭の再檢討


<講師紹介>

昭和5年堺市生まれ。34年神戸大学大学院博士課程修了。その後龍谷大学を経て帝塚山大学教養学部で長らく教鞭を執り、平成12年退職、名誉教授。

社会思想史の研究から次第に現代史に研究の中心を移し、台湾国立政治大学国際関係研究所への留学、在香港日本国総領事館の特別研究員を経て、中国・香港・台湾の現状分析に取り組む。とくに台湾をめぐる国際関係の動向に三十年来強い関心を持ち、最近は広い文明史的観点に立って、日本・中国を論じ、さらに進んで近代世界史の見直しに取り組んでいる。

今回の講話も、このような大きな観点から幕末以降大東亜戦争に至る近代史の流れを掴み取り、戦後日本のあり方に及ぶものである。


  <事務局より> 本会は4月の例会が平成20年度最後となります。5月から新年度に入りますので、会費納入をよろしくお願い致します